ジスロマックの説明書

ジスロマック500mg

性病であるクラミジアに感染した場合、病院から処方されるのがジスロマックという薬です。当サイトではこのジスロマックがどんな薬なのか、皆様に説明していきますので、参考にしていただけたら幸いです。

ジスロマックの主成分とその効果

ジスロマックは、クラミジア感染症など、細菌が原因の性感染症に有効な抗生物質です。非常に高い殺菌・除菌効果を持つ薬のため、性病にまつわる細菌以外にも、様々な病気の原因となる細菌に効能を発揮するので、内科、呼吸器科、耳鼻科などの医療機関で処方される有効性の高い薬です。ジスロマックの主成分は、アジスロマイシン水和物です。主に細菌による感染症に効果があるとされています。アジスロマイシン水和物は、グラム陽性菌やマイコプラズマなどの細菌に対して効果があります。ジスロマックの特徴として、「効果が長く続く」ことが挙げられます。ジスロマックが開発される前は、クラミジアの治療には長い期間の投薬が必要で、また、効果が低く、パートナーとうつし合いになり、再感染率が高く、なかなか治療の効果が出ませんでした。しかし、ジスロマックが開発されてから、短期に効果的な治療が可能になりました。服用は、たった1回で済み、薬の効果は7日ほど続くため、服用を忘れることも少なくなります。この7日間で90%の確立でクラミジアが治り、また、再度の服用で14日間では98%の患者が完治したというデータがあります。基本的に1回だけの服用で済むので手間がかかりません。また、もう1つの特徴として、「副作用が少ない」ことが挙げられます。妊娠中の方にも、医療機関が処方するほど、胎児にも影響がないとされている薬で、その安全度が伺えます。ごくまれに、下痢の症状が出ることがあるため、なるべく、食事の直後2時間、直前2時間は、避けたほうが良いでしょう。マクロライド系の抗生物質は、優れた除菌効果を持つため、大腸菌ほか、体内の善玉菌も殺菌してしまうからとされています。服用後は良質な乳酸菌を摂るなどで対処することができます。

ジスロマックは病院でもらえるの?

細菌による感染症は抗生物質によって治療することが可能ですが、菌種によってはペニシリン系、セフェム系、テトラサイクリン系などによって分けられます。幅広い菌種に対応し、抗炎症作用も持ち合わせるジスロマックはマクロライド系に分類され、様々な医療現場で活躍しています。最も使用されるのは性感染症のクラミジアおよび淋病ですが、気管支炎や扁桃炎などにも対応するため、通常の風邪薬と共に、炎症を鎮めるために処方されることがあります。歯周病や中耳炎などでも利用できるため、歯科、耳鼻科でも利用され、治療目的であればどの病院でももらうことが可能です。とはいえ、抗生物質は耐性菌の問題があるため、処方された分は最後まで飲む必要があるので、医師の指示に従って服用することが重要です。そのため、病院でジスロマックが欲しいと言っても、検査や診察も無しに、処方してもらうことはできません。もしも、自由診療で処方されたとしても、健康保険が適応されないため、非常に高額な費用を請求されるので注意しましょう。クラミジアや淋病に感染した人で、治療薬は欲しいけれども病院に行くのは恥ずかしいという人は、ネット通販を利用して購入すると良いです。法律的にも個人使用に限り、医薬品を海外から個人輸入するのは認められているので心配はいりません。クラミジアの治療で病院に行くと、保険証を利用し通院履歴が残ってしまうので、家族にバレるのを避けたい人や、近所の人に病院に行っているのを見られたくない人は、記録の残らないネット通販が良いでしょう。ネット通販は処方箋を必要とせず、健康保険が適応されませんが、非常に安価で販売されているので、薬代を安くしたいという人にはピッタリの方法です。

性病が恥ずかしいなら通販でジスロマックを

性病は性行為によって感染しますが、性行為以外でも感染する可能性のある感染症です。しかし、感染経路がどうであれ、陰部や性器に症状が出ると人に相談することもできず、病院に行くにも恥ずかしくて行けないという人もいます。非常にデリケートな問題となるので、仕方がないとはいえ、治療をしないまま放置すると人にうつしてしまったり、重症化して取り返しのつかない問題を引き起こすこともあります。男性の場合は尿道炎から精巣上体炎に繋がり、無精子症になることもあり、女性では不妊症や子宮外妊娠になる可能性もあります。人に知られずに治療する場合は、ネット通販で個人輸入をして治療薬を購入するようにしましょう。個人輸入は海外から取り寄せるため処方箋を必要としない手軽な購入方法で、個人が使用する範囲内であれば薬事法にも抵触しないので便利です。また、検査などの時間をかけずに手元に届くため、手間なく購入ができ、治療もすぐにできるようになります。ただし、性病によって効果的な治療薬は異なるため、まずは自分の症状を確認しましょう。自己判断では不安、あるいは検査も受けたいという人は、性病検査が匿名で行えるので、まずはそちらで確認しておきます。例えばクラミジアや淋病であれば、抗菌薬のジスロマックが有効的で、カンジダでは抗真菌薬で治療ができます。ジスロマックは日本では高額な治療薬として有名で、健康保険が適応されてもかなりの費用が必要となりますが、個人輸入による購入は安く、さらにジェネリック医薬品もあるので経済的な負担もなく利用できます。性病は様々な病原微生物によって発症するので、治療薬を買う場合は症状の確認を忘れないようにしましょう。もし誤った判断で購入すれば、治るものも治らなくなってしまうので注意が必要です。